歯医者開業時に最適の宣伝|飲食店の強い味方|POS導入でミスも人件費も削減
レディ

飲食店の強い味方|POS導入でミスも人件費も削減

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯医者開業時に最適の宣伝

歯科医

まずは地域住民とふれあう

新規に歯科医院をオープンする際、経営者にとって最大の関心事となるのが、どれくらいの診療予約があるのかという点です。医療機関は傷病を治療する場であると同時に、健康に対する不安を解消し、安心感を得るための場所でもあります。そのため、まったく未知の医療機関を受診する人は少なく、新規参入者はその分だけハンデを負うことになります。そこで、新規開業の際には事前に地域の人々に対して情報発信を行い、クリニックの特徴やセールスポイントを知ってもらうための工夫が必要となります。その格好の機会となるのが、内覧会です。内覧会は、オープン直前の1〜2日程度を使い、地域の人々と歯科医院がふれあいの機会を持つイベントです。

特色を知ってもらう

内覧会の最大の目的は、歯科医院に対して親近感を抱いてもらうことにあります。歯科医院はただでさえ「痛いところ」「歯を抜かれる怖いところ」というイメージがあります。それをくつがえし、歯の健康について何でも気軽に相談できる場所であることをアピールし、顧客の獲得につなげます。内覧会では院内の設備を見学してもらったり、歯磨き等のセルフケアについてのアドバイスや質疑応答を行うなどして、医院の特色や歯科医師の人となりに対する理解を深めてもらいます。中でも人気のあるイベントが、子供が参加できるゲームや記念撮影などです。小児歯科は歯科医院の大きな収益源となりますし、親子そろって顧客となってもらえるチャンスがあります。